<< 深大寺城 | main | 鉛筆画 展示会 >>
野村監督
野村監督が亡くなられました。
大好きな監督でした。
野村ヤクルトと森西武が二年連続で激突した日本シリーズは最高でした。
選手のレベル、訓練、監督の頭脳、・・・
どれをとっても最高でした。
ヤクルトのコーチの言葉で「野村野球をID野球と言われる事を好んではいなかった。選手が各自考え、行動し、監督が要らない野球が理想」と言っていたそうです。
・日本シリーズで、3塁ランナーの古田選手が、内野ゴロで本塁突入し得点。
その時の監督の指示は「内野ゴロは止まれ」
古田選手の言葉は「普段から、チャンス・勝負所ではチャレンジと言われています」と自分の判断で突入。
・西武の3塁ランナーが、センター前ヒットで、本塁突入。
センターの飯田選手がドストライクのバックホームでランナーはアウト。
この時、飯田選手は守備位置を数歩前にしていたのだそうです。
これも自分の判断。
まさに監督の教育が、自分の考えで判断、行動できる選手を育てた証拠でしょう。
その後も、古田、栗山、宮本、日本代表監督(名前が出て来ない)と、立派な監督も育っていて、「人を育てる事が最高の仕事」と言っていた野村監督の仕事ぶりを示しています。
楽天の監督をやめた時、相手チームのファイターズの選手も交じっての胴上げとなりました。
相手チームから胴上げされた監督なんて野村監督だけではないでしょうか?

やめたと言えば、ダントツで最下位だった楽天を4年で2位まで持ち上げ、翌年は優勝確実と思っていたら、オーナーの一言で首。
その後、星野が入って3年目に優勝。
「星野が優勝させた」と言っているけれど、野村監督を続投させていれば、翌年には優勝していたでしょう。
神戸地震の時も「がんばろう神戸」でオリックスが優勝。
あの時も「がんばろう東北」で団結出来たのだから、アホな監督に変わったから3年もかかった。

田中選手がインタビューで、再三「野村監督の下で育てられて幸せだった」と言っています。
星野監督の下で・・・とは一言も言っていない(私の知る限り)

野村監督大好きの反動で、星野監督の悪口になりました。
ゴメンナサイ!

「球辞苑」で野村監督スペシャルやってくれないかな?!!
明日から、テレビのプログラムをチェックして、「野村スペシャル」を録画しましょう。
| - | 22:04 | comments(0) | - | ↑TOP
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE