<< 唐三彩 | main | 熱帯夜 >>
鉛筆画
鉛筆画にハマりました。
桜川のシニアセンターで「鉛筆画」のクラスが開講されていたので、中途入学ですが7月1日から行き始めました。
教え方は、生徒のレベルに合わせて個別指導。
まず一日目。
画用紙、練り消しゴム、鉛筆(2H,F,2B)は、教室に準備されています。
画用紙は、初心者向けに「4つに区切られた長方形」「区切りの無い長方形」「円」が印刷された用紙を使います。
「区切られた長方形」は「淡」から「濃」へ、4段階にマスに書き込みます。
「区切りの無い長方形」は、「淡から濃」へ、連続的に変化させて書き込みます。
「円」は、「球」をイメージして濃淡をつけます。
デッサンと同じつもりで、濃い鉛筆を使うと思い、2B,4B,6Bを持って行ったのですが、鉛筆画では、むしろ、2H,4Hを使う事が多い様です。
一回目は単純作業でしたが、他の方の絵を見せて頂いたり、その絵に対する先生のアドバイスを聞いていたら、あっという間に2時間が過ぎてしまいました。
2回目は写真又は絵をモデルにして、絵の枠を印刷した画用紙に「塗り絵」の様に鉛筆で書いて鉛筆の使い方の練習。
たかが「塗り絵」と甘く見ていたら、これが意外と難しい。
2時間では、半分も終わらず、先生の許可を得て、原画と画用紙を持ち帰り、家で空き時間があると書き続けています。
ハマったと言うのは・・・
前から来ている生徒達は、自分の好きな写真(蒸気機関車・東京駅・女優・観光地)を持ち込んで、それを鉛筆画にしています。
私も昔から城が好きで、特に熊本城の「宇土櫓」が滅茶苦茶好きで、これを上手に描きたくてクラスに入ったと言っても良いほどで・・・
家にある城の本から「宇土櫓」の写真を数枚選び、コンビニで拡大コピーし、その写真をモデルに鉛筆画を書き始めたのです。
かなりの「大作」なので、まだ技術が伴っていない事は分かっていますが「書きたいから書く」
という訳で、家で空き時間があると、せっせと書いています。
これが実に楽しい!!
完全に「はまっています!!!」
| - | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tiasusana.ciao.jp/trackback/1112455
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE