<< クラマーコーチの孫弟子!!?? | main | リオデジャネイロオリンピック、日本vsナイジェリア、日本vsコロンビア、放映・応援します。 >>
ペルー1:0ブラジル
見たか、コパアメリカ!!!

 ペルー 1:0 ブラジル

アナウンサーも解説者も、極端なブラジルエコヒイキの放送に、ウンザリしながら見ましたが、結果は、私の希望通り・想定通り、ペルーの順当勝ち!!!
ゴールシーンのリプレーを見ても、サイドからのカメラ(線審の視線)では、上から落ちてくるボールに対し、前後方向の位置が分かりませんのでハンドの様に見えるシーンもありますが、ゴール裏からのカメラでは、膝で押し込んだ様に見えます。
主審も、慎重を期して本部に依頼し、複数のカメラで確認した結果で認めたゴールですから、誤審の可能性は無いでしょう。少なくとも、横から見てハンドの様に見える映像以上に、ゴールと認めるに足る映像が有ると言う事です。

にもかかわらず、番組の最後に「疑惑のゴールで・・・」
なんと言う無礼な発言。
知性の“かけら”も無い、煽り主義、商業主義に毒された低レベルの実況放送。
彼らはスポーツの本質を何と理解しているのか??

・・・と、アホな(不勉強な)アナウンサー・解説者から離れて、試合の話し。
ペルーのゴールシーン・・・
まさに伝統の中央突破!!
自陣ゴール近くから、ロングパスで一気に攻め込み、二人のワンツーパスでバイタルを突破し、ドリブルでゴールエリア近くまで突入して、守備陣を引き付けてラストパス。
その結果、ルイディアスは、ほとんどドフリーでシュート。
ブラジル守備陣を完璧に突き崩したゴールでした。
スッキリ!!!

解説者は、ボールのキープ率とか、シュート数の多さで、ブラジルが圧倒していたかの様に言っていましたが、ブラジルのシュートは、ほとんどペルー守備陣のプレッシャーを受けながらのシュート。
ルイディアスの様な、フリーでのシュートは、ほとんど有りませんでした。

ボールのキープ率に至っては、専門家が、何でこんな架空の数字”を金科玉条の如く語るのか、理解できません。
古くは、トヨタカップ、「ナショナル・モンテビデオ1:0ノッティンガム・フォレスト」「ペニャロール2:0アストンビラ」「インデペンディエンテ1:0リヴァプール」・・・・・
最近では、南アフリカW.Cの「日本0:0パラグァイ」
圧倒的にボールをキープし、シュートを打ちまくった方が負けています。
どの試合か忘れましたが、トヨタカップでゲストの釜本さんがヨーロッパが圧倒していると語ると、南米に詳しい友人が、鼻先で「フンッ」と笑い、「これが南米のサッカーなんだよ。見ててご覧、今にカウンターで一点取って1:0で勝つから・・・」と言いましたが、まさにその通りになりました。
解説者も、もう少し勉強しないと、いつまでも日本リーグレベルの知識で語っていると、海外で活躍している選手はもとより、本当のサッカー好きのファンからも見放されてしまいますよ!!

最近のサッカー界で感じる事。
若い選手の成長、日本代表の強化、等は、川渕さんが夢の様に語った事が、順調に実現していると思います。
サポーターも、一部J1のサポーターに紛れて、行儀の悪い、知的レベルの低い連中が時々騒動を起こしていますが、日本代表のサポーター、J2、J3のサポーター達は、まさにジャパンスタイルの、行儀の良い、国際親善を意識した、地域に根差した素晴らしい応援が出来る様になって来ました。
残念ながら、テレビを中心にしたマスコミの人達が、サッカーについても、サポーターについても、テレビの前の視聴者に対しても、ほとんど不勉強で、日本リーグ時代から一歩もも進歩していない様に見えます。
国内で比較しても、サッカーの実況は、野球や相撲・柔道の実況と比べても劣っている様に見えます。
あらためて、30年前のダイヤモンドサッカーの金子アナウンサー・岡野さんの熱意・愛情を学んで欲しいと思います。

ペルーの勝利に酔った・・・・悪酔いした、ティアスサナの親爺の夢語りでした。
| - | 17:52 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
優勝だ!!!
つぎはコロンビア、アメリカ
止めにアルゼンチン
夢はまだ途中!
| no19yasu | 2016/06/14 11:33 AM |
ペルー VS コロンビア アルゼンチン大会で コロンビアは0−2で ペルーに敗戦でしたが 今回 リベンジなるか?  コスタリカ戦で 休養したベストメンバーで 少し コロンビア有利のような感じするが 勝負事 やってみなとわかりません。
| イギータ | 2016/06/14 5:20 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tiasusana.ciao.jp/trackback/1112368
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE