岡野俊一郎さん
岡野俊一郎さんが旅立たれました。
望月三起也さん、マリオ・セルジオ・・・
サッカー関係の親しい方、憧れた方が、次々と天国サッカー協会の所属になってしまい、ショックです。

岡野さん・・・・・
いろんな顔を持っておられましたが、我々、素人サッカーファンにとっては、『三菱ダイアモンドサッカー』の名解説者。
金子アナウンサーとのコンビで、素晴らしい解説をしていただきました。
Jリーグが出来て20年以上経ち、多くのサッカーの試合が放送されますが、あの二人を超えるアナウンサー・解説者が現れない事は、悲しい事です。

岡野さんで思い浮かぶのは、教育者としての一面です。
あの方の解説は、テレビの前の中学校から高校位のサッカー部の子供達に語り掛ける様な解説だったと思います。
専門的でありながら、優しく、分かり易く、冷静に・・・

岡野さんに教えていただいた言葉。
「サッカーは、少年を大人にし、大人を紳士にする」
いい言葉ですよね。

今時の、大人になれない男共・・・
大人の上には紳士もあるんだよ!!

合掌
| - | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
10周年
2017年2月になりました。

2007年にオープンしましたので、あっという間の10周年です。
リーマンショック、大地震、若者の飲食店離れ・・・等々、近隣の店舗が次々に閉店・代替わりしていく中で、知恵が足りないティアスサナは、ひたすら体力勝負。
元旦から大晦日まで、年中無休で9年間。

お客様も、スポーツファン、音楽ファン、中南米ファン・・・から、孤独のグルメファン、図書館代わりに勉強する学生達、仕事をする営業マン、大学教授主催の勉強会、講演会、同窓会・・・・と多様化。
最近は、東銀座時代にアルバイトをしていた学生達が「もう定年ですよ」と言いながら集まってくれています。

多くの人との巡り合い、人の縁の広がりの不思議さを感じると同時に、その一方では、身を引き裂かれるような別れも体験しました。

語ろうと思っても、語り切れない10年でした。
もっとサラサラっと沢山書くつもりでしたが、いざ書き始めると筆が進まない。

と言う訳で、特別『開店記念日』は行いません。
2月いっぱい、来店された方と、ゆっくり語り合いたいと思います。

みんな、語りに来ておくれ!!


| - | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
一宿一飯の恩義
東京で生活するようになって54年、半世紀を超えました。
私の生まれは、九州・福岡南部、筑後地方で、小学校6年(12歳)までしか、そこでは生活していません。
「一宿一飯の恩義」と言う言葉で言えば、4倍以上、東京に恩を受けている訳です。

さりながら、しかし、But・・・・・

高校サッカー選手権が始まりました。
「東京代表はどこかな?」と口では言いながら、目と耳はさりげなく「東福岡」の活躍に釘付けになっています。
「ムッフッフ・・・・ 勝っとる!勝ットル!!」
と言っていたら、天罰てき面。
大阪のチームにやられてしまいました。

高校サッカーの楽しさは、想定外のチームが勝ち進み、勝つ度に強くなる・成長しているのが見える事ではないでしょうか?
もう一つの楽しさは、これらの試合を、10年後、15年後に見た時、高校時代に注目された選手と、後日代表選手になっている選手が違う事です。
「あの選手は?」とか「あの選手がねえ」とか、会話が弾みます。
日本リーグの選手が、監督で出て来るのも楽しみ。

さて、九州勢は消えましたが、決勝戦はどこが来るでしょうね??
楽しみです。
| - | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
マリオ・セルジオ グレミオ NO11
サッカー仲間のアベリーノのブログを見ていたら、見た様な写真。
マリオ・セルジオ・・・彼がシャペコエンの飛行機事故に巻き込まれて死亡。

サッカーのチームが事故に巻き込まれた事は知っていましたが、遠い世界の事と思っていました。
まさか知り合いが遭難しているとは・・・・

  1983年第4回トヨタカップ
グレミオ(ブラジル) 2:1 ハンブルガーSV(西ドイツ)

ハンブルガーが頑張り、延長戦になる大激戦でしたが、上半身をスッと立てたマリオのドリブル、パスは、ブラジル選手の中でも出色で、まさに変幻自在。
グレミオの攻撃を組み立てていました。

試合後、チームの主力9選手がティアスサナで祝勝会。
レナト、パウロ・セザール・リマ、オズバルド、パウロ・ロベルト、ビナミーゴ・・・・・
そして マリオ・セルジオ

懐かしい出来事

自宅で試合をビデオに撮り、14インチの小さいテレビと一緒にタクシーで店まで運び、カウンターの上にテレにを置いて国立での試合を放映しました。
この時代、スポーツバーと言う言葉もなく、店にはテレビのアンテナも来ていませんでしたので、当然テレビも無く、自宅で録画、タクシーでテレビとビデオデッキを運ぶ必要があったのです。
さて、14インチの小さいテレビで試合を放映し始めたら・・・・・・・・
選手たちが・・・・・・固まってしまったのです!!
手にグラスを持ったまま飲みもせず、会話もせず、・・・・目は、テレビの画面に釘付け・・・
試合が終わるまで2時間以上、全員凍り付いていました。

試合が終わると、拍手でも起きるかと思っていたら、ホッと一息した後、オズオズと言った言葉・・・
何と言ったと思いますか?
「アリガトウ」ではありませんでした。

その言葉は・・・・「もう一度、見せていただけないでしょうか?!」

すぐにテープを巻き戻し、2度目の放映。
今度は、リラックスして、ビール飲みながら、仲間のプレーに軽口を言いながら、楽しく観戦しました。

この頃、日本でもやっとビデオデッキが普及し始めた時代ですので、南米では、選手達が自分の試合をフルタイム見る事は無かったようです。
初めて自分達の試合を見て・・・・その上、世界チャンピオンになった試合を見て、全員が固まってしまいました。

マリオ・セルジオの名前を見て、30数年前の出来事を思い出しました。

ご冥福をお祈りします。
| - | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
2016年、サッカー三昧
今年もあと一週間。
10年目のティアスサナも、厳しく、楽しい日々が続いています。

トヨタカップ、想定外の展開でしたが、(南米ファンとしては、決勝戦は南米vs欧州が良い)鹿島が決勝まで進んだので良しとしましょう。

決勝戦、後半、2:1と逆転した時は、原発関係者以上に「想定外!!」
楽しい主審の笛2つで同点にされても、守備陣が機能して勝ち越しは許さない。
最後のシュートが枠に行っていれば、鹿島の勝ち!!!・・・おしい

延長戦は、4試合連続の鹿島に頑張りを要求するのは酷と言うもの。
よくやったと拍手を送ります。
欲を言えば、開催国枠ではなく、アジア枠での出場をしてほしかった。

試合は楽しかったのですが、日テレの実況陣は相変わらずのレベルでしたね。
準決勝 鹿島 vs アトレティコ・ナシオナル
アナウンサーがチーム名を「アトレティコ」と繰り返し言っていました。
正式名称は「クラブ・アトレティコ・ナシオナル」・・・ナシオナル・スポーツ・クラブです。
「アトレティコ」だけ言うと言う事は、例えば「A.Cミラン」を「A.C」と言うのと同じで、不勉強にも程がある。
さすがに、3位決定戦の時には「アトレティコ・ナシオナル」と言っていましたから、誰かが注意したのでしょう。

放送陣といえば、U−19のアジアカップ優勝。
決勝戦の再放送。
前半・後半・延長戦。PK戦。
当然3時間放送と長目のカセットテープを準備していたら、前半で1時間、後半・延長・PK戦で1時間。
エ〜〜〜〜!!!
ありえない!!
皆様のNHKが、こんな手抜き放送して良いのでしょうか??
BS1での放送ですので、次の番組の予定があれば、BS2で続けるのが当たり前でしょう。
3時間目、BS2は何も放送していませんでした。
初めてアジアで優勝したのに、この扱いは何事。
今からでも遅くはない。
再度、決勝戦を3時間枠で放送してください。

フル代表も、ロシアW.C予選で頑張っているので、試合に関しては良い一年でした。
あとはマスコミ。
もうちょい、勉強してください!!
| - | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
U-19アジアチャンピオン!!
U-19サッカーが、アジアチャンピオンになりました。
監督インタビューを見ていたら、なんと内山篤さん。
ヤマハの選手だった頃、何度も銀座のティアスサナに来ていました。

店内を見渡したら2枚の写真が飾られていました。
一枚は、ヤマハの選手達と来た時で、長澤選手、石上選手、内山(兄)等と一緒に写っています。

もう一枚は、ブラジルの選手達と写っていて、ヌネスも写っています。
後ろに「ジャパンカップ・キリンワールドサッカー」のポスターの文字が見えますが、年度が見えません。
さてこのブラジルチームはどこのチームでしょうか??
84年はドゥンガ、ルーベン・パスが所属するインテルナショナルが来ていました。
85年以降は、名称が「キリンカップ」に変わっているので、このチームは83年以前の大会という事になります。
どなたかお分かりの方が居られましたらお教え下さい。

内山君、大分オデコが後退しましたね?!
家に来た頃は、まだふさふさです。
またいつか、遊びに来て下さい。


| - | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
9/6 ロシアW.C最終予選 日本 v.s タイ
本日(9/6・火)PM9時より

ロシアW.C最終予選    日本 v.s タイ

試合終了まで、放映・応援します。

ご来店、お待ちしています!!
| - | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
NHK「戦艦武蔵」を見て
NHKの「戦艦武蔵」を見ました。
第一印象は「NHKにも骨のある奴がいるな!」です。
「武蔵」というメカ、戦争の悲惨さ・・・を描くと同時に、武蔵沈没後の乗組員の運命についても語っています。

当時の日本軍には、負け戦があると、事実を隠すため、生存者を隔離し、日本を経由せず、生き残れる確率の低い激戦地に送り込んで抹殺するという体質があったようです。

武蔵の乗組員も、マニラの予定がコレヒドールに変更。
戦後まで生き残れた人は少なかったようです。

ミッドウェイの時も、生き残りのパイロットがラバウルに送られていますし、「大空のサムライ」にも、撃墜され捕虜になったパイロットが、後日生還すると、その後の出撃時は「第3小隊の3番機」(最も危険な位置)に配置されたと書かれています。

「都合の悪い事は隠蔽する」という体質は、現在も原発の危険性が報道されない事からも分かる様に、脈々として続いている様です。
ニュースで「真実」が言えないなら、ドラマで感じてもらおうと、現場のスタッフが「根性」を見せた番組と見ました。

もう一つNHKの番組。
「フランケンシュタインの誘惑」
第1次世界大戦で「毒ガス」を発明した化学者、原爆を作った物理学者・・・・・

科学者、技術者と称する人種が、人類の幸福とは真逆の事を行い、研究・技術開発の名目のもと、簡単に良心を捨て、嘘を言うという事を教えてくれます。

「原発は絶対安全」と言い続けた電力関係の技術者。
事故の直後、テレビに出演して「現状は問題ありません。安全です」と言っていた東大・東工大の教授陣。
福井の原発の敷地内に明確な断層があるのを目の前にして「活断層とは断定できないので危険とは言えない」と「活」という訳の分からん言葉を加えて事実をうやむやにした地質学者。
福島の子供達の甲状腺に多数の異常が見つかったのに「検査機械の性能が向上したから見つかったので、異常ではない」と言っている医者。

彼らの心の中には、良心・正義感・節操という言葉は無いんでしょうね。
しかしニュースでそれとはっきり言えないので、「科学史」として、さりげなく教えてくれているのかなと、推測しています。

根性入れて頑張っているNHKの現場のスタッフに、拍手を送ります。
| - | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
9/1(木)ロシアW.C予選 日本v.sU.A.E 放映・応援します。
ロシア W.C 最終予選

  日本 v.s U.A.E

9月1日(木)PM7時より放映・応援します。

店は、いつもと同じ料理、酒、料金です。
いつも通りの応援をします。
お待ちしています。
| - | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ポケモンGO(テレビゲーム)は、麻薬・覚せい剤と同じ害毒を社会に流しているという意見。
「ポケモンGO」と称するテレビゲームが流行っている。

そもそも、今までも歩きながらスマホ等を使う者が居り、社会に大きな迷惑をかけている。
これだけ迷惑をかけているものだから、社会的に制限をかけるとか、メーカーで自粛するとか、何らかの動きがあって然るべきと思っていたら、真逆の動きが「ポケモンGO」の発売である。
わざわざ道、公園等の屋外で、他人が周りにいる所で、うろうろしながらゲームを行う。

任天堂と言う会社は、社会の良識に対して、挑戦しようとしているのか?
金にさえなれば、麻薬中毒患者・・・10cm四方の画面の中だけで生活し、人間と会話もできず、社会生活もまともにできない人間・・・を大量生産しても良いと思っているのか?

先日、親子の食事会が行われた。
親が15人、子供も15人。
小3位の男子が、父親の隣で、店にいる間約2時間、延々とゲームをやり続けていた。
他人とは一言も語らず、父親とだけ一言、二言話したが、明らかにゲームの話。
余程、注意しようかと思ったが、隣の父親が何も言わないのに他人が言う訳にもいかず沈黙。

なぜ注意しない??
おそらく父親も店を一歩出るとゲームを始めるのだろう。
夫婦で覚せい剤中毒のタレントがいたが、親が親なら子供も子供。

親の世代、教師の世代がゲーム世代で占められたら、もうブレーキは効かない。
猯票院匹里△襯泪好灰澆癲広告主には、何も言えない。

この様に、ゲーム全廃論者の私の店・ティアスサナが、あろう事か、「ポケモンGO」のステーションとか言うのになっていました。
お客様から教えられ、ただ、ひたすら、ビックリ!!
画面を見せてもらったら、ビラコチャの看板と、赤白のテントの夜景が載っていました。

一体、なんでティアスサナがステーションなんでしょうね??
今のところ、店の周りをウロウロする者も居らず、被害は無いのですが、もし店の中まで入って来たら・・・・

ティアスサナの親爺はコワイゾ〜〜オ!!
| - | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE